1型糖尿病とい

1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在するインスリンを分泌するβ細胞が損傷を受けてしまったことにより、結果として膵臓から大半のインスリンが出なくなることで発病する自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。
虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化により血管内が細くなってしまい、血液の流れが止まり、大事な酸素や栄養を心筋に送ることができず、筋肉細胞自体が壊死するという大変重い病気です。
規則正しい穏やかな日常生活の維持、腹八分目の徹底、適度な軽い体操など、一見古典的ともいえる健康に対する配慮が皮膚のアンチエイジングにも関係しているといえます。
急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、その大半が腹痛・悪心・下痢の症状がみられる程度ですが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合はひどい腹痛・長引く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と一緒に38度以上の高熱が出るのが相違点です。
高齢化による耳の聞こえにくさでは毎日少しずつ聴力が低下するものの、大体において60歳くらいまでは耳の老化をはっきり自認できないのです。
杉の木の花粉が飛散する1月~4月の間に、乳幼児が発熱はしていないのにしょっちゅうクシャミしたりずっと鼻水が止んでくれないケースは、杉花粉症の可能性が高いといえるでしょう。
日本における結核への対策は、昭和26年にできた「結核予防法」に準拠して推奨されてきましたが、56年後の2007年から異なる感染症と同じように「感染症予防法」に基づいて行われることに決定したのです。
ほぼ100%に近い割合で水虫イコール足、中でも足の裏にみられる皮膚病として認知されていますが、原因菌である白癬菌が感染するのは決して足だけではなく、全身どこにでも感染してしまう危険性があるのです。
チェルノブイリ原子力発電所の事故の被害者の追跡調査の結果では、体の大きな成人よりも体の小さな子供のほうが放出された放射能の害をより受容しやすいことが見て取れます。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは就寝中ではない状態で命を維持する(鼓動、口からの呼吸、腎機能の活動、体温や筋肉の緊張のキープなど)ために欠かせない最も低いエネルギー消費量の事を指しているのです。
うす暗い場所では光不足で物が見づらくなりますが、更に瞳孔が開くので、水晶体のピントを合わせるのに余計なエネルギーが消費され、結果的に光の入る場所でものを見るより疲労が大きいと言えます。
5-HT神経は、自律神経のバランスの調整や痛みの鎮静、あらゆる覚醒現象などを支配していて、うつ病(単極性気分障害)の方ではその活動が低減していることが判明しているのだ。
エイズウイルス、すなわちHIVを持つ血液、精液を始め、女性の腟分泌液や母乳といった類の体液が、交渉相手などの傷口や粘膜部分に接触すると、HIV感染の可能性があるのです。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという性質があり、大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-B波は肌の表皮内で細胞の遺伝情報を壊したりして、肌に悪影響を与えることになります。
一見すると「ストレス」は、「溜めないようにすべき」「除去すべきもの」と思われがちですが、その実、ヒトは大小のストレスを受けるからこそ、生き延びていくことができます。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒タマゴサミン ラジオ